遺産相続に関する問題と基礎知識

ご両親や祖父、祖母が亡くなると遺産を残していく場合があります。


遺産相続とは、その人が残した遺産を遺族が貰って引き継ぐことを指すのですが、人間欲深いものですから、どうしてもここで様々な問題が発生してきます。



遺産相続に関する一般的な規定は、遺産を残した人が特に遺言を残さなかった場合、お金の場合その配偶者が2分の1、 その子や孫は残りの2分の1を相続し、子や孫が複数人いる場合は残りの2分の1を均等に相続することとなっています。



こうした規定があるのに、遺産相続とはトラブルが起こりやすいものです。



それにはいくつかのケースがあります。



トラブルになりやすいケースは、父親の死後に母親が亡くなるといった2次相続の場合や、主な遺産は実家1軒だけで、分割が難しい場合などが挙げられます。



このようなトラブルを避けるにはそれぞれの方法があります。



前者のケースでは、1次相続の時は相続税がかかることは少ないのに、2次相続の時は子や孫たちに相続税がかかることがトラブルの要因となります。


このトラブルの対策としては、1次相続の時に遺産を残した人の配偶者が全て相続するのではなく、規定に従って子や孫にも相続させるということが非常に重要となります。


後者のケースの対策方法は、家を売ってお金に換え、その上で分割していくという方法があります。
いずれにせよ、遺産相続とはトラブルの起こりやすいものなので、これを回避するためには、早め早めの綿密な話し合いによりトラブルを未然に防ぐことが、一番大切なのです。


関連リンク

遺産相続の放棄について

遺産相続は、放棄することもできます。これを、「相続放棄」といいます。...

more

遺産相続に関する問題と基礎知識

ご両親や祖父、祖母が亡くなると遺産を残していく場合があります。遺産相続とは、その人が残した遺産を遺族が貰って引き継ぐことを指すのですが、人間欲深いものですから、どうしてもここで様々な問題が発生してきます。...

more
top