遺産相続の放棄について

遺産相続は、放棄することもできます。

これを、「相続放棄」といいます。



被相続人が多額の借金を残して亡くなったりすると、相続人の生活が成り立たなくなるおそれがあるので、このような制度があります。
他にも、遺産相続にからむトラブルに関わりたくないという場合にも、行われることがあります。


相続放棄を行うには、「遺産相続が始まったことを知った時」から3ヵ月以内に、家庭裁判所に「相続放棄申述書」という書類を提出する必要があります。これが認められると、「相続放棄申述受理通知書」という書類が引き渡されます。この通知書は、債権者などに相続を放棄したことを証明する書類となりますが、たまに証明書を求められることがあるので、その時は「相続放棄申述受理証明書」を申請しましょう。



申し立てる所は、被相続人の住所を管轄する家庭裁判所か、相続が始まった場所を管轄する家庭裁判所です。ただし、上記の期間内に行わないと、「単純承認した」と見なされてしまうので気を付けなければなりません。



しかし、特別な事情があれば、申述期間の延長が認められることもあります。


また、相続放棄は相続が始まってからでないと行えません。



ただし、遺留分については、相続が始まる前でも放棄することができます。



そして、相続放棄は、相続人同士の間だけで合意があっても効果はありません。その場合も、単純承認したと見なされてしまうので、相続する意思がなければ、ちゃんと家庭裁判所に申し立てましょう。



関連リンク

遺産相続については焦らずに対処した方が良い

遺産相続についての悩みはたくさんあります。亡くなった方の遺産については、法定相続人が集まって遺産分割協議をしなければなりません。...

more

遺産相続の放棄について

遺産相続は、放棄することもできます。これを、「相続放棄」といいます。...

more
top