テレビ会議のその内容により使用するべき

###Site Name###

インターネット技術の向上でテレビ会議を導入する会社も多いです。

通信スピードの高速化で以前と比べて動画のブレやレスポンスの遅滞はかなり改善されており、臨場感あるものになりつつあります。

Web会議情報をチェックできるサイトです。

がしかしこの方法の会議ではやはり直接対面しているのでないので、その場の雰囲気や空気がわからないので発言に戸惑い、違和感を覚える方もいるかもしれません。
一般に普通の会議はその場にいてその状況により意見して議論するものなので、場に遭わない発言をすると会議は止まるどころか成り立たなくなることもあるのでそのあたりを考えて勧めます。

ではこのインターネットを使った会議をよりよいものにするにはどうするかがポイントです。

その効率をポイントは、会議の内容を精査することにあります。

エキサイトニュース

各オフィスが遠方にあるからなんでもテレビ会議で決めればいいという考えはやめたほうがいいです。



つまり重要事項についてテレビでなく、普通に会議をするべきで対面によってその場での議論なり方向性を決めるべきです。

そしてあくまでもテレビ会議は意見の交換共有のものにとどめるべきです。

具体的に例を挙げると、商品開発の試作のプレゼンを社内の共有ホルダーにいれて、その内容について意見交換や批評については、離れた各オフィスからテレビ会議ですることで完成まで過程に施行するようにして、商品の最終決定は普通会議ですることです。つまりはテレビ会議は普通の会議を離れてもできる万能のものとせず、その会議内容を精査して行ってこそ効率のいいものになると思われます。